Wednesday, December 1, 2021
Google search engine
HomeNews「私はバラバラになりました」:ビーナス・ウィリアムズは「キング・リチャード」で「私が勝つべきだった試合」を再訪します

「私はバラバラになりました」:ビーナス・ウィリアムズは「キング・リチャード」で「私が勝つべきだった試合」を再訪します


警告! 以下は新作映画「ドリームプラン」のエンディングについてですので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

伝記「ドリームプラン王」は、ウィル・スミスをテニス界の偉人であるヴィーナスとセリーナ・ウィリアムズの父親としてキャストし、ヴィーナスがプロとしてのキャリアの最初の敗北を再訪していることに気づきました。

この映画(劇場で、現在HBO Maxでストリーミング中)は、「私たちの完全な自分や現在の自分ではなく、自分自身のバージョン」を提供しています」とビーナスウィリアムズはUSAトゥデイに語っています。 「そういう意味では、過去のあなたを見るのは面白いです。」 彼女の兄弟は次のように付け加えています。「それらの思い出は私たちにとってそれほど遠い過去ではありません。」

「私は彼に心を持っていました」ウィリアムズの姉妹であるウィル・スミスがリチャード王の真実を打ち破る

「キングリチャード」は、ビーナスウィリアムズ(サニヤシドニーが演じる)の若いキャリアを10歳から14歳頃まで追跡し、彼女がオークランドのバンクオブザウェストクラシックトーナメントでプロデビューしたときと、姉妹のセレナ(デミシングルトン)の軌跡をたどります。 )、1年若い。 映画のフィナーレは、トーナメントでのウィリアムズの初期の成功を表しており、第1ラウンドでショーンスタッフォードを支配しましたが、第2ラウンドで2位のアランチャサンチェスビカリオに追放されたため、彼女の敗北も示しています。

「彼女のパフォーマンスには満足しているが、彼女が負けたことにも満足している」と本物のリチャード・ウィリアムズは試合後に語った。 「それは私たちに家に帰って、彼女を一年の残りの間14歳にする機会を与えてくれます。」

映画では、ヴィーナスはリチャードと彼女の母親のオラセン(アーンジャニューエリス)によって慰められていますが、落胆したティーンが建物を離れると、彼女は彼らの愛を示すために立ち往生している応援ファンの群衆に会いました。

「キングリチャード」レビュー:オスカー対応は、ウィル・スミスの不完全で心に強く訴えるテニスのお父さんです。

ビーナス・ウィリアムズ(サニヤ・シドニー、右)は、2位のテニススター、アランチャ・サンチェス・ビカリオ(マルセラ・ザカリアス)と対戦する準備をしています。

その試合について尋ねられたビーナス・ウィリアムズは、「私が何をしていたのかわからなかった」と覚えています。 それは大きなリードでした。 彼女はトイレ休憩を取り、私はバラバラになりました。」 サンチェス・ビカリオが休憩を求めたとき、彼女は最初のセットを6-2で勝ち、2番目のセットで3-1になりました。 サンチェスビカリオは戻ったときにさらに11試合に勝ち、最初に2セット目を勝ち取り、次にウィリアムズを6-0で破りました。

「はっきりと考えていたのを覚えています。」まあ、その試合に勝つべきだった。 私は家に帰るべきではありません。」 そして、私は自分自身を改善しなければならないことを知っていました」とウィリアムズは今言います。 「それが私がそれから取り出したものだと思います。 それは私が言ったことではありませんでしたが、私は自分が勝たなければならないことを知っていました。 ですから、当時は自分自身に苦労したと思います。」

ビーナスウィリアムズは、1994年のバンクオブザウェストクラシックでプロテニスのキャリアの最初の試合に勝った後、記者会見の開始時に父親のリチャードウィリアムズから抱擁を受けました。

ベテランは新参者を裏切ったのですか? 映画では、サンチェス・ヴィカリオ(マルセラ・ザカリアス)が長い間離れているため、金星を含むすべての人が腹を立て始め、リチャードは不審にトイレを見ています。

セリーナウィリアムズは、「彼女は長い休憩を取りました」と認めています。 そして、ビーナス・ウィリアムズはどれくらいの期間か覚えていません。 私は彼女をまったく嫌いではありません。」

「私は若かった。 それは素晴らしいので、あなたは私に一息つくことができます! あなたは続けることができます。」 しかし、私は休憩なしでその試合に勝つことができませんでした。 あなたは決して言うことはできません。 しかし、おそらく。」

オスカーディクソンの貢献

出典:USAToday.com

投稿「私はバラバラになりました」:ビーナスウィリアムズは「私が勝つべきだった試合」を「キングリチャード」で再訪し、ニュースデイリーに最初に登場しました。



Source: https://philippinenewsdaily.com/i-fell-apart-venus-williams-revisits-the-match-i-should-have-won-in-king-richard/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments