Wednesday, December 8, 2021
Google search engine
HomeNews「身も凍るような」リッテンハウス評決「エンボルデンズ」自警行為、ウィスコンシン新聞に警告

「身も凍るような」リッテンハウス評決「エンボルデンズ」自警行為、ウィスコンシン新聞に警告


カイル・リッテンハウスは、ケノーシャの抗議行動で、武装していない2人の男性を致命的に撃った。
アダムローガン/ AP通信経由のジャーナルタイムズ

土曜日、ウィスコンシン州の新聞は陪審員の評決を攻撃し、銃撃者のカイル・リッテンハウスを無罪とした。

リッテンハウスは「彼の擁護者の何人かがふりをしているので、英雄ではありません。 彼は警戒心のように振る舞い、彼の無謀さを考えると、自由に歩くに値しませんでした」とウィスコンシン州ジャーナルは社説で宣言しました。 「しかし、残念ながら、法律は、自己防衛を主張する射手に有利に偏っています。 それを変える必要があります。」

17歳のリッテンハウスは、抗議行動の最中に、昨年イリノイ州からウィスコンシン州のケノーシャに旅行した。 警察の銃撃地元の黒人居住者のジェイコブ・ブレイク。

リッテンハウスは、「セミオートマチックライフルを胸に縛り付けて怒っている人々の群衆をパレードし、紛争がエスカレートする前にそれを人々に向けることによって、誰もが安全になったわけではなかった」と述べた。

リッテンハウスは夜が明けた後、2人の非武装の男性を致命的に撃ち、3人目の男性を銃器で負傷させた。

彼に対する「事件の多く」は、リッテンハウスが他の人々を挑発したかどうかにかかっていた。 混雑した通りをAR-15を運ぶことが挑発的でない場合、何ですか?」 新聞は尋ねた。

「ケノーシャのリッテンハウスや他の銃を持った、自己任命された「保護者」が私たちの法廷制度から聞く必要があったのは、事態がうまくいかないとき、彼らは裁判官や陪審員ではないということです」と社説は付け加えました。

新聞はまた興味深いパズルを提起しました:「2人が公然と銃を持って、お互いにそれらを向けるならば、誰の自己防衛の主張が優先されますか?」

州は、「より多くの人々が恐怖や復讐から武装することを奨励するのではなく、銃によるスタンドオフを思いとどまらせる」ことに焦点を当てるべきであると社説は結論付けた。

Wisconsin StateJournalの社説の完全な記事はこちらをご覧ください。

出典:HuffPost.com。

以下にコメントを共有してください

投稿「Chilling」RittenhouseVerdict「Emboldens」自警行為、Warns WisconsinNewspaperがBreakingNewsに最初に掲載されました。



Source: https://gt-ride.com/chilling-rittenhouse-verdict-emboldens-vigilantes-warns-wisconsin-newspaper/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments