Wednesday, December 1, 2021
Google search engine
HomeNewsほぼ200カ国がCOP26で気候変動協定に達しました

ほぼ200カ国がCOP26で気候変動協定に達しました


スコットランド、グラスゴー(AP)—約200か国の政府交渉担当者が、石炭からの排出量削減に関する文言を打ち砕くためにインドが土壇場で介入した後、気候変動対策に関するニューディール政策を採択しました。

小島嶼国を含むいくつかの国は、温室効果ガスの最大の排出源である石炭火力を「段階的に廃止」するのではなく、「段階的に廃止」する動きに深く失望していると述べた。

他の人々は、この改訂をいやらしい言葉で、そして規則に反して説明したが、スコットランドのグラスゴーで2週間開催された国連気候変動会議を閉じることを受け入れた。

国家は、インドが変更を加えることができる前に、インドの最終規定が遅すぎるか、またははるかに到達していることに不満を述べました。 しかし、妥協は何もないよりはましであり、進歩を許しました。

交渉によると、この取引は、産業革命以前から、地球温暖化を摂氏1.5度(華氏2.7度)未満に保つという目標を維持することを目的としています。 すでに、世界は摂氏1.1度(華氏2.2度)まで暖まっています。

これは最新ニュースの更新です。 APの以前の話は以下のとおりです。

土曜日には、約200か国が集まり、世界の運営方法について合意に達する準備ができていました。 気候変動を抑制するために15日間の激しい気候交渉の後、重要な地球温暖化の目標を維持する必要があります。

ほぼ3時間後、各国は合意が十分ではないと述べた。 インドとイランだけが反対する傾向があるようでした。 いくつかの成功のしるしとして、交渉担当者は写真を撮るという伝統を始めました。

それは、いくつかの化石燃料補助金と石炭火力の廃止を求めています。 この協定はまた、貧しい国々がその創造における役割に関係なく、気候変動の結果を受け入れることができるように十分な金銭的インセンティブを提供します。

交渉担当者は、この合意は、産業革命以前から、温暖化を摂氏1.5度(華氏2.7度)に制限するという目標をわずかではあるが維持していると述べた。 地球はすでに摂氏1.1度(華氏2度)まで暖まっています。

グラスゴーでの交渉を成功させるために、国連によって3つの基準が設定されました。 彼らは会わなかった。 国連の基準には、2030年までに二酸化炭素排出量を半分に削減するという公約、豊かな国から貧しい国への1,000億ドルの資金援助、そしてその資金の半分が気候変動の最悪の影響に発展する世界の適応を支援するために使われることを保証することが含まれていました。

草案によると、大規模な汚染国は、2022年までに帰国し、排出削減のより強力な誓約をしなければなりません。

国連サミットでは、貧富の格差が拡大し、開発途上国は無視されていると不満を漏らしました。 交渉担当者は、77の貧しい国々と中国を代表するギニア代表が彼のグループが全体的な結果を受け入れることができたと述べたときに歓声を上げました。

また、中国の代表団は、グラスゴー会議から出てくる予定のポジションで問題ないと述べた。 しかし、インドの環境大臣ブペンダー・ヤダブは、開発途上国は「化石燃料の責任ある使用の権利がある」と述べ、石炭の段階的廃止に関する規定に反対したとき、潜在的にレンチを投げた。

ヤダブは、地球温暖化を引き起こしたことで、先進国の「持続不可能なライフスタイルと無駄な消費パターン」を非難しました。 インドが潜在的な取引を止めようとする可能性は明らかではありませんでした。 「コンセンサスはとらえどころのないままです」と大臣は言いました。

イランは、化石燃料についてあまり厳しくないことでインドを支持した、とそれは言った。

欲求不満の欧州連合副委員長であるフランス・ティメルマンスは、27カ国のEUの気候特使であり、交渉担当者に将来の世代のために団結するよう懇願しました。

「天国のために、この瞬間を殺さないでください」とティマーマンズは嘆願しました。 「私たちが子供たちと孫たちの心に希望をもたらすために、このテキストを受け入れてください。」

米国の気候特使ジョン・ケリーは、草案を「強力な声明」と呼び、最新の規定への支持を表明した。 ケリーと他の数人の交渉担当者は、良い妥協は誰もが少し不満を残すと述べました。

「公の生活のすべての人が…生と死について選択できるわけではありません。 地球全体に本当の影響を与える正しい選択を誰もが行うことは不可能です。 私たちは今日、まさにそれを行うことができて光栄です」と彼は言いました。

ガボンの代表団は、貧しい国々が地球温暖化の最悪の影響に適応するのを助けるために、「スケールアップ」とより多くのお金の予測可能な保証なしにグラスゴーを離れることはできないことを示しました。 ケリーは、米国が適応財政への努力を倍加することをガボンの代表に保証しようとした。

気候変動の壊滅的な影響の危険にさらされている小島嶼国は、グラスフォウでより大きな行動を求めていました。 彼らは妥協の精神と話し合いの結果に満足していました。

「モルディブはグラスゴーでの漸進的な進歩を受け入れています」と島国の環境、気候変動、技術大臣であるアミナス・シャウナは言いました。 「この進歩は、目前の問題の緊急性と規模に沿ったものではないことに注意したい」と語った。

シャウナは、現在の規定では、摂氏1.5度(華氏2.7度)未満の温暖化を維持するのに十分な保護が提供されていないと指摘しました。 これは、6年前に各国が合意した気温です。

「1.5度と2度の違いは私たちにとって死刑判決です」とShaunaは言い、その範囲内にとどまるためには、世界は98か月で二酸化炭素排出量を本質的に半分に削減しなければならないと述べました。

土曜日に、グラスゴーの交渉担当者は、取引を成立させるための新しいアイデアを思いついた。 彼らは、それが地球温暖化への取り組みを加速するのに役立つことを望んでいました。

土壇場での会議は、気候変動の影響を受けている国々のための損失と損害の基金の可能性と、炭素取引市場内の森林クレジットに焦点が当てられました。

「このプレナリーを正式に開始する前に、いくつかの決議ができることを願っています」と、開催国の英国の当局者である会議会長のアロック・シャルマは交渉担当者に語った。 「集合的に、これは本当にすべての人のために物事を前進させるパッケージです。」

土曜日の午後まで、気候変動の壊滅的な影響に対処するための貧しい国々への財政援助の問題についてはまだ分裂がありました。 温室効果ガスの世界最大の歴史的排出国の2つである米国と欧州連合は、いわゆる「損失と損害」の規定について引き続き深い懸念を抱いていました。

バングラデシュのMohammedQuamrul Chowdhuryは、発展途上国の分野における主要な交渉者でした。 彼は、土曜日の朝の草案で使用された曖昧な言葉が、気候変動に苦しむ国々に新しい資金を提供することをより豊かな国々に約束しなかったことを指摘しました。

2006年以来交渉担当者を苛立たせていたもう1つの問題は、炭素取引市場の創設でした。 貿易クレジットは、他の商品と同様に炭素を削減するために取引することができます。 これは市場の力と可能性を解き放ち、貧しい国々は炭素削減対策のために民間部門からしばしばお金を受け取ります。

先進国は、炭素削減クレジットを販売する貧しい国々が、排出削減の国内集計でそれらの行動を主張しないようにしたいと考えていました。これは、二重計算と呼ばれるプロセスです。

土曜日の草案は、オフセットの二重計算を防ぐための「強力な」規定を提供したが、元欧州連合の交渉担当者で炭素市場交渉の専門家である環境防衛基金のケリー・キジエ副大統領によると、森林に関する新たな問題がその日のうちに再び現れた。

石炭は、貧しい国と豊かな国の間の紛争の問題よりも広く考えられていました。

包括的な決定の提案は、「衰えることのない石炭火力と非効率的な化石燃料補助金の段階的廃止に向けた努力」を加速するよう各国に求める論争の的となる言葉を保持している。

しかし、新たに追加されたテキストによると、各国は「公正な移行に向けた支援の必要性」を認識するでしょう。これは、化石燃料業界で働く人々が仕事や事業を終わらせる際の財政支援を求める声への言及です。

一部の支持者は、土曜日の早い提案は弱すぎると主張した。

「ここグラスゴーでは、世界で最も貧しい国々が視界から失われる危険にさらされていますが、今後数時間で私たちの進路を変えることができ、また変えなければなりません」とオックスファムの上級政策顧問、トレーシー・カーティは述べました。 「テーブルにあるものはまだ十分ではありません。」

しかし、国連の年次締約国会議(COP)の決定で初めて化石燃料が明示的に言及される可能性は、一部の環境保護論者から好評でした。

別の提案では、各国は2025年までに2035年、2030年までに2040年の排出削減の新しい目標を提出することを「奨励」されており、5年周期を確立しています。 これ以前は、開発途上国は10年ごとに目標を更新することが期待されていました。 先進国も来年に短期的な更新を求められるでしょう。

提案された合意は、地球温暖化を華氏1.5度(華氏2.7度)に抑えるという2015年のパリ協定の野心的な目標を達成するために、各国は「世界の二酸化炭素排出量の削減を含む、世界の温室効果ガス排出量の迅速で深く持続的な削減」を行う必要があると述べています。 2010年のレベルと比較して2030年までに45%増加し、世紀半ば頃に正味ゼロになり、他の温室効果ガスが大幅に削減されました。」

科学者たちは、世界はまだこの目標に到達していないと言っていますが、2週間の会談でなされたいくつかの約束が彼らを近づけるのに役立ったと信じています。

最新の協定草案は、「人間の活動がこれまでに約1.1C(2F)の地球温暖化を引き起こし、その影響がすでにすべての地域で感じられていることへの警戒と最大の懸念」を表明しています。

来年の会談は、エジプトの紅海リゾート、シャルムエルシェイクで開催される予定です。 ドバイは2023年の会議を主催します。

Aniruddha Ghosal(Kar Ritter)とEllenKnickmeyerもこのレポートの一部でした。

出典:HuffPost.com。

以下にコメントを共有してください

ほぼ200カ国がCOP26で気候変動合意に達し、BreakingNewsに最初に掲載されました。



Source: https://gt-ride.com/nearly-200-nations-reach-a-watered-down-climate-agreement-at-cop26/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments