Wednesday, December 1, 2021
Google search engine
HomeNewsエンゼルスのスターであり、アメリカンリーグMVP賞を受賞した最初のプレーヤーである大谷翔平が、全会一致でアメリカンリーグMVPに選ばれました。

エンゼルスのスターであり、アメリカンリーグMVP賞を受賞した最初のプレーヤーである大谷翔平が、全会一致でアメリカンリーグMVPに選ばれました。


大谷翔平は2021年にすべてをまとめ、ロサンゼルスエンゼルスの双方向スーパースターは木曜日にアメリカンリーグ最優秀選手賞を受賞し、彼の歴史的なキャンペーンで30票すべてを獲得しました。

27歳のヒット46本塁打はプレートで100RBIで9-2になり、ERAは3.18で、23回の三振は156で、投手としてスタートし、MVP賞を獲得して以来初めての双方向プレーヤーになりました。 1931年。

「アメリカのファンであるアメリカの野球は、私が最初に日本で始めたときと比べて、双方向のアイデア全体を受け入れて歓迎しているので、移行がはるかに簡単になりました」と大谷は翻訳者の水原一平を通して語った。 「とても感謝しています。」

ウラジミールゲレロジュニアは30票中29票で2位、ブルージェイズの同僚マーカスセミエンは3位でした。

日本生まれの大谷は、日本生まれのアスリートとして2人目となるMVPを受賞しました。 鈴木一郎(2001)入社。

「MVPは私が狙っていたものです」と大谷は言いました。 「プロとして野球をしている限り、すべての選手がそうだと思います。」

NLMVPブライスハーパーが2度目のMVP賞を受賞

大谷はMLB記録の33本塁打を記録した。 彼はまた、オールスターゲーム初の双方向スターターでもありました。 彼は完璧な最初のイニングを投げ、ホームランダービーに初めて参加した後、1日に2つの打席を持っていました。

大谷は2018年シーズンの前にエンゼルスと契約し、22本塁打で326打席、防御率3.31でALルーキーオブザイヤーを獲得しましたが、トミージョンの手術を受け、2020年まで再び投球しませんでした。大谷は2019年に384打席(18 HR、62 RBI、12 SB)を獲得したが、短縮された2020シーズンに苦戦し、44試合で.190を打った。

準優勝のゲレロジュニアは、MLBで.311を記録し、トロントでベスト48本塁打を放ちました。 セミエンは311で準優勝し、48本塁打を放った。 彼はまた111打点を獲得した。

大谷の2021年シーズンからの他の統計的ハイライト:

–投手として100以上の三振、打者として10以上の本塁打を持つ史上初のプレーヤー。

–1シーズンで25以上の盗塁で45以上のホームランを打つ6番目のプレーヤー

–45本以上のホームランと8本以上のトリプルを持つ7番目のプレーヤー。

「特に日本での日々から、多くの疑惑に対処してきましたが、それが私に伝わらないように努め、プレッシャーが私に伝わらないようにしました」と大谷は言いました。 「楽しみながら、どんな数字を出せるのか、どんなパフォーマンスを出せるのかを知りたかっただけです。」

フィラデルフィアフィリーズの外野手であるブライスハーパーがNL賞を受賞しました。 どちらかのリーグのMVPがプレーオフに参加したチームに所属したのは、1987年以来のことです。

寄稿:AP通信

出典:USAToday.com

エンゼルスのスターであり、アメリカンリーグMVP賞を受賞した最初のプレーヤーである大谷翔平が満場一致で投票され、アメリカンリーグMVPがニュースデイリーに最初に登場しました。



Source: https://philippinenewsdaily.com/shohei-ohtani-angels-star-and-first-player-in-a-two-way-to-win-the-american-league-mvp-award-is-unanimously-voted-american-league-mvp/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments