Tuesday, November 30, 2021
Google search engine
HomeNewsクレムリンはウクライナ国境での軍隊の増強を拒否し、侵略計画に署名

クレムリンはウクライナ国境での軍隊の増強を拒否し、侵略計画に署名


モスクワ(AP)—金曜日のクレムリンは、ウクライナ近郊での軍隊の増強がモスクワの攻撃的な意図を反映しているという主張を拒否し、ロシアはNATOの脅威の疑いに対応して安全を確保する必要があると述べた。

クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは、モスクワが「緊張を扇動するための中空で根拠のない試み」としてウクライナを侵略する意図があるとの西側メディアの報道を却下した。

「ロシアは誰も脅かさない」とペスコフは記者との電話会議で言った。 「私たちの領土での軍隊の移動は、誰の懸念の原因にもならないはずです。」

ウクライナは先週、ロシアが旧ソビエトの隣国にさらなる圧力をかけようとして戦争ゲームを行った後、両国の国境からそれほど遠くないところに数万人の軍隊を置いてきたと不満を述べた。 ロシアは2014年にウクライナのクリミア半島を併合し、その年にウクライナ東部で発生した分離主義勢力の反乱を支援してきました。

ウクライナ国防省は、約9万人のロシア軍が国境からそれほど遠くなく、ウクライナ東部の反政府勢力が支配する地域に駐留していると主張した。 ウクライナ国防省によると、ロシアの第41軍の部隊は、まだエリニャ(ウクライナ国境の北約260 kmに位置する小さな町)にいます。

ウクライナ軍の最高司令官であるヴァレリー・ザルジニーは、ロシアは現在、反政府勢力が支配する領土に約2,100人の軍隊を擁していると述べた。 また、ロシアの軍人が分離主義勢力のあらゆる指揮官の地位を保持していることも指摘した。

ロシアは、14,000人以上の死者を出したウクライナ東部での分離主義勢力の反乱の背後にその重みを投げかけました。 モスクワは、ウクライナの東部地域における軍隊の存在を繰り返し否定している。

アントニー・ブリンケン米国務長官は今週、ワシントンでウクライナの外相、ドミトロ・クレーバに、ウクライナの安全と領土の完全性に対する米国のコミットメントは「鉄壁」であると保証した。

金曜日に、ブリンケンはウクライナに対するロシアの以前の攻撃的な行動を指摘した。 「彼らが過去に行ったことから、私たちは現在私たちが見ているものについて真の懸念を抱いています」と彼は言いました。

「私たちはロシアの意図を知りません」とブリンケンはワシントンの記者団に語った。 「しかし、私たちは過去に見たことがあることを知っています。ロシアはウクライナの国境に大勢の軍隊を配置し、ウクライナによるある種の挑発を主張し、そして侵略します。 それが2014年に彼らがしたことです。」

ブリンケン氏は、米国は「これについて欧州の同盟国やパートナーと非常に緊密に協議している」と述べた。

ロシアがウクライナを侵略する計画があるかどうかを木曜日に尋ねたところ、ロシアの国連大使であるドミトリー・ポリャンスキーは、「ウクライナや他の誰かに刺激されない限り、計画も実行もしなかったし、実行するつもりもない」と答えた。 彼は、彼がウクライナからの多くの脅威と呼んだものと、黒海での米軍艦による挑発的な行動を引用した。

ペスコフも同様に金曜日に、国境近くで「挑発の増加」と述べた中で、ロシアは安全保障を保護する必要があると強調した。 彼は、黒海での米海軍の配備と、US-NATOの諜報飛行の頻度の増加について言及しました。

「私たちは、敵が私たちの国境の近くで反抗的な行動をとるとき、私たちの安全を確保するための措置を講じます」とペスコフは言いました。 「私たちはそれに無関心でいることはできません。 私たちは警戒しなければなりません。」

ロシア国防省は、先週黒海に出航した米軍艦USSマウントホイットニーとUSSポーターの配備を「地域の安全と戦略的安定への脅威」と表現した。

同省は声明のなかで、「黒海地域での米国の活動の背後にある真の目標は、キエフが南東部での紛争を強制的に解決しようとした場合に備えて、作戦劇場を探索することである」と述べた。

欧州連合は、ウクライナ近郊でのロシア軍の増強の報告に懸念を抱いていました。

今週初めに米国のジョー・バイデン大統領とこの問題について話し合った後、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、EU当局は「ウクライナの領土の完全性を全面的に支持している」と述べた。

欧州委員会のスポークスマン、ピーター・スタノ氏は金曜日に記者団に、ブロックは米国や英国などのパートナーと状況について話し合っていると述べ、「これまでに収集した情報はかなり心配だ」と付け加えた。

パリでの金曜日の会談で、フランスの防衛大臣と外相はウクライナについて懸念を表明した。

フランスの外務省は会談後の声明で、ジャン=イヴ・ル・ドリアン外相とフローレンス・パルリ国防相は「ウクライナの領土の完全性に対するさらなる損害の可能性の深刻な結果について明確に警告した」と述べた。

フランスのエマニュエルマクロン大統領は金曜日遅く、ウクライナとベラルーシの状況について「今後数日間」にロシアのウラジーミルプチン大統領と話すと述べた。

このレポートは、マシュー・リー(AP外交ライター)、ワシントンのアンジェラ・チャールトン、パリのシルビー・コベットによって寄稿されました。 Yuras Karmanau、キエフ、ウクライナ、Lorne Cook、SylvieCarbatも貢献しました。

出典:HuffPost.com。

以下にコメントを共有してください

クレムリンがウクライナ国境での軍隊の増強を拒否した後、侵略計画がブレイキングニュースに最初に掲載されました。



Source: https://gt-ride.com/kremlin-rejects-troop-buildingup-at-ukraine-border-signs-plans-to-invade/

gt-ride.com

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments