ニューヨークタイムズ紙は、「控えめ」でタイムズ紙が発表したバイデン大統領のメディア戦略に対する懸念の高まりについて報告しました。

「大統領として、ドナルドJ.トランプはメディアの最大主義者であり、そのコメントを避けられないスタイルは、良くも悪くも、飽和状態のニュース報道を生み出すのに役立ちました。 バイデン大統領はマスコミとの取引にもっとけちなアプローチを取っている-そして彼のすべての同盟国がそれがうまくいくと信じているわけではない」とタイムズは火曜日に報告を始めた。

ポリティコはインタビューを行わなかったためにバイデンを呼びかけます:「このホワイトハウスが取ったバンカーのメンタリティを反映しています」

タイムズは、バイデンが過去1年間にメディアに対して行った「約12」のインタビューを分析し、トランプ大統領の50回以上のインタビューまたはオバマ大統領の100回以上のインタビューと比較して見劣りしました。

彼はAP通信やニューヨークタイムズからのインタビューを受けていません。 「スティーブン・コルベールとのレイトショー」のような友好的な会場でさえ、訪問されていない」とタイムズは述べたが、バイデンはタイムズのコラムニスト、デイビッド・ブルックスと一緒に座った。

経験豊富な民主党のストラテジストであるジェームズ・カービルは、トランプ大統領の世論調査の継続的な滑りに直面して、バイデン政権はその議題を推進するのに十分なことをしていないと示唆した。

カービルはタイムズに、「私が信じているのは」売り、買い、売りであると述べました。 「彼らに欠けているのはセールスマンシップです。 すべての人が政策の専門家になりたいと思っていますが、顧客に鍋を売る責任を誰も望んでいません。

タイムズは、ショーン・パトリック・マロニー議員による批判を使用しました…