ニューイングランド周辺のネイティブアメリカンの部族のメンバーが、巡礼者が定住した海辺の町に集まっています。感謝するためではなく、何世紀にもわたる人種差別や虐待に苦しんできた世界中の先住民を悼むためです。

マサチューセッツ州プリマスのダウンタウンで行われた木曜日の厳粛な全米哀悼の日は、ヨーロッパ人入植者が北米にもたらした病気と抑圧を思い起こさせます。

「私たち先住民は巡礼者の到着を祝う理由がありません」と、アクィナ・ワンパノアグ族とオグララ・ラコタ族のメンバーであり、イベントの創設者であるワムスッタ・フランク・ジェームズの孫娘であるキシャ・ジェームズは言いました。

感謝祭の七面鳥–鳥を調理する前にCDCがしてはいけないこと

感謝祭のような物語が作られていることを人々に知ってもらうことを目指しています。 ジェームズは、ワンパノアグや他の先住民は、巡礼者の到着後、幸せに暮らしたことは一度もないと説明しました。

私たちにとって、感謝祭とは、巡礼者のようなヨーロッパの入植者による何百万もの先祖の喪失を悼む日を意味します。 今日、私たちと全国の多くの先住民は、「感謝も与えもしない」と言っています。

ニューイングランドのアメリカインディアンが感謝祭の日にイベントを開催したのは52年目です。 この伝統は1970年に確立されました。

これは、全国の複数の大学生と同窓会が、感謝祭をネイティブアメリカンの日として扱うことを学生に奨励した後のことです。 月曜日に…