Wednesday, December 1, 2021
Google search engine
HomeNews感謝祭で嘆く部族:「祝う理由はない」

感謝祭で嘆く部族:「祝う理由はない」


ファイル-ネイティブアメリカンの支持者は、2007年11月22日のコールズヒルでの祈りの最中に一時停止します。ネイティブアメリカンの部族のメンバーは、2021年の感謝祭にニューイングランドに集まり、何世紀にもわたる人種差別、虐待、先住民の虐待に抗議します。
AP写真/リサプール、ファイル

ニューイングランド周辺のネイティブアメリカンの部族のメンバーが、巡礼者が定住した海辺の町に集まっています。感謝するためではなく、何世紀にもわたる人種差別や虐待に苦しんできた世界中の先住民を悼むためです。

マサチューセッツ州プリマスのダウンタウンで行われた木曜日の厳粛な全米哀悼の日は、ヨーロッパからの移民が北米に持ち込んだ病気と抑圧を思い起こさせます。

「私たち先住民は巡礼者の到着を祝う理由がありません」と、アクィナ・ワンパノアグ族とオグララ・ラコタ族のメンバーであり、イベントの創設者であるワムスッタ・フランク・ジェームズの孫娘であるキシャ・ジェームズは言いました。

「私たちは、最初の感謝祭について学校で学んだすべての話が嘘に過ぎないことを理解できるように人々を教育したいと思っています。 ワンパノアグや他の先住民は、巡礼者の到着以来、確かに幸せに暮らしていませんでした」とジェームズは言いました。

「私たちにとって、感謝祭は喪の日です。巡礼者などの招かれざるヨーロッパの入植者によって殺害された何百万もの先祖を覚えているからです。



Source: https://gt-ride.com/tribes-to-mourn-on-thanksgiving-no-reason-to-celebrate/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments