Wednesday, December 8, 2021
Google search engine
HomeNews米国は国家安全保障を理由に、中国のハイテク企業をより頻繁にブラックリストに載せています

米国は国家安全保障を理由に、中国のハイテク企業をより頻繁にブラックリストに載せています


米国は国家安全保障を理由に、中国のハイテク企業をより頻繁にブラックリストに載せています

公開済み
2時間前

共有

画像ソース、 ゲッティイメージズ

国家安全保障上の懸念から、米国政府はさらに12社の中国企業をブラックリストに追加しました。

ワシントンは、いくつかの企業が中国軍の量子コンピューティングプログラムの作成を支援したと述べています。

最新の行動は、台湾の状況やその他の問題をめぐる中国と米国の間の緊張の高まりの中で起こっている。

月初めに両国の指導者間で開催された仮想サミットでは、貿易が議論されたトピックの1つでした。

  • バイデンは「不公正な貿易」に対して力を行使する
  • 中国と米国の間で開催されたバイデン時代の貿易交渉

量子コンピューティングにおける中国軍の支援と、軍事用途をサポートする米国の原産品の取得/取得の試みにおける彼らの役割のために、8つの中国のテクノロジー企業が「エンティティ」リストに含まれていました。

トランプの最後の政権以来、エンティティリストは国家安全保障の目的でますます使用されています。

米国商務省によると、パキスタンの「無防備な核活動」またはミサイルプログラムへの参加のために、中国で活動している16の団体および個人もこのリストに追加されました。

現在、リストには中国、日本、パキスタンの27のエンティティが含まれています。

モスクワ物理技術研究所も軍のエンドユーザーリストに追加されました。 しかし、そうではありませんでした…



Source: 米国は国家安全保障を理由に、中国のハイテク企業をより頻繁にブラックリストに載せています

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments