Wednesday, December 8, 2021
Google search engine
HomeNews誘拐された2人の宣教師が米国から解放された、援助グループの州

誘拐された2人の宣教師が米国から解放された、援助グループの州


オハイオ州に本拠を置く教会組織は、10月に誘拐された宣教師グループの17人のメンバーのうち2人がハイチで解放され、安全であると発表した。

クリスチャンエイドミニストリーは、釈放された人々の名前、釈放の理由、出身地、場所を提供または確認することはできないと述べた。

「限られた情報しか提供できないが、解放された2人の人質は安全で、元気で、世話をされていると報告することができる」と組織はニュースリリースに書いた。

誘拐は、米国当局者のチームが貧困国を訪問し、その反ギャング対策への支援を約束した数日後の10月16日に発生しました。 このグループの16人の米国市民と1人のカナダ人の中に5人の子供がいました。 ハイチからの運転手も誘拐されました。

ハイチのギャングである400Mawozoは、誘拐の責任を主張した。 ウィルソン・ジョセフはギャングのリーダーであり、宣教師が彼の要求に従わなかった場合、宣教師を殺害すると脅迫しました。

彼は、「私が望む答えが得られない場合、私はこれらのアメリカ人の頭に弾丸を入れるとサンダーに誓います。」と言いました。 ビデオは誘拐の数日後にソーシャルメディアに投稿されました。

「地獄への降下」:アメリカの宣教師が脚光を浴びるかなり前に、誘拐とギャングが引き継いだ。

いたるところにギャングの危険がありますハイチのネイティブは家族に彼ら自身の誘拐体験について話します

彼はまた、アリエル・アンリ首相とハイチの国家警察の長であるレオン・チャールズを脅迫した。

BINUHとして知られるハイチの国連統合事務所が9月に発表した報告によると、2021年の最初の8か月間に少なくとも328人の誘拐被害者がハイチの国家警察に報告されたのに対し、2020年全体では合計234人でした。

米国政府は、国の深刻化する不安と燃料の深刻な不足のために、米国市民にハイチを去るように促した。

AP通信への貢献

出典:USAToday.com

誘拐された2人の宣教師が米国から解放された後、援助グループの州がNewsDailyに最初に登場しました。



Source: https://philippinenewsdaily.com/two-kidnapped-missionaries-are-released-by-the-us-aid-group-states/

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments